車買い取りどこがいい

MENU

車を査定する際のチェックポイント

一括査定を申し込むと、業者が査定にやってきます。もちろんプロの査定士です。

 

その際にどんなところをチェックしていくのか、いくつかポイントを紹介します。

 

 

外装の傷・凹み・修復歴・事故歴

 

これはどこの業者さんでもチェックしていきます。小さな傷や凹みなどは業者の方でも安く修理できる場合があるので、自分で修理せずにそのまま査定に出してもいいでしょう。
修理代以上に査定金額が下がるとかになれば話は別ですが・・・

 

事故歴・修復歴も車を見て判断したり、質問もされるのでちゃんと話しておきましょう。
バンパーの交換とか傷の修復程度なら査定に影響ない場合が多いです。

 

 

 

内装や装備品のチェック

 

車の内装部品、シートや内張り、タバコを吸ってたか、などをチェックしていきます。

 

シートのシミや汚れ、破損、室内の匂いなどは、今度その車を転売する時に影響が出るのでちゃんとチェックされます。

 

査定前にできる所は直しておきたいですね。シミや汚れをある程度綺麗にしておいたり、車内の匂いも消臭しておくなど心がけるようにしましょう。

 

ちょっとのことで数万円も査定額が下がるともったいないです。

 

 

車の取扱説明書、記録簿など

 

車を買った時についてきてた付属品は大切に保管しておきましょう。次のオーナーのためにもなりますし、ちゃんと保存してると査定士さんへの印象も変わります。

 

 

社外パーツ・純正パーツなど

 

もし社外品のパーツに交換などしてる場合は、純正品を持ってるかもポイントになります。
社外品のパーツなどは好みが別れますので、転売する際に純正のパーツをつけて売るケースも有ります。
また、パネルを加工して取り付けられてる部品などを外したままの状態だと査定金額が下がる場合もあるので注意が必要です。
もし、社外品のパーツを取り外して売却するなら、加工されてたパーツを新品に変えて査定してもらうのもいいかもしれませんね。

 

 

 

エンジンルーム

 

エンジンルームもひと通りチェックされます。フェンダーやボンネットのボルトに工具のかかった後はないか。
パッと見てエンジンの部品で壊れてるのはないか。
不具合があると修理にお金がかかるので、当然査定額に影響が出てきます。
日頃から、愛車のメンテナンスは気を付けておきましょう。
エンジンルームのクリーナーなども販売されてるので、見た目を綺麗にしておくのもいいかもしれませんね。