車種ごとの買取人気度

MENU

車種ごとの買取人気度記事一覧

近年における軽自動車の人気は、不況による維持費の安さと省エネも後押して異常までとも思えるほどの人気となっています。軽自動車の人気は、実は今に始まったものではなく、過去にも人気を得たことがあります。経済的に収入が低い若者の中には、車で走ることが好きな若者も多く、維持費の安さから軽自動車の軽さとともに各種パーツも安価に手に入ることからから、軽自動車をオリジナルに改造する若者がありました。こうした車好き...

最近ガソリン価格は、落ち着きを見せており、安定した価格を維持していますが、一時はガソリン価格が高騰し、レギュラーガソリン1リッターあたり170円にも達したことがありました。このため、少しでも燃費のよい車に乗り換える人が多くなり、軽自動車やハイブリッド車などの省燃費車が人気となっています。しかし、ガソリン価格が高騰する以前では大型のミニバンに人気が集中していた時代があります。ミニバンは、子どもがある...

日本のみならず世界的な規模での省エネ指向により、車の指向も燃費のよい車が人気となっています。日本においては、維持費が安く燃費のよい軽自動車とハイブリッド車が人気となっていますが、欧米では安全性の問題から軽自動車の販売が難しいことと、電子部品を多く搭載するハイブリッド車も整備場の問題であまり進んではいません。欧米に旅行したことがある人であれば、欧米の道路は、日本のように狭く信号が少ないため、渋滞が少...

物づくり王国日本と言われるように、日本の物づくりに対する技術はトップレベルとなっています。中でもや自動車や電子技術などの技術においては、他を寄せ付けないほどのの技術力となっています。代表的なものとして、ハイブリッド車の技術では世界トップレベルとなっており、リッターあたり40キロを超える燃費性能をとなっています。しかも原油価格が高騰している最中、私たちの生活にも影響するものとなっています。さらには、...

40代後半の男性であれば、昭和50年頃に流行ったスーパーカーブームを記憶している人も多いのではないでしょうか。スーパーカーの中でも、ランボルギーニカウンタックやフェラーリ―512BBなどは特別なものとなっており、多くの人がスポーツカーに憧れた時代でもありました。当時の日本の車技術は、今ほど高くはなく、時速100キロで走ることができる日本車は稀と言うこともあり、スポーツカーへの思いは大きいものでした...

SUVは、車に興味のない人は聞き慣れないかもしれませんが、スポーツ・ユティリティ・ビークルとして、アウトドアスポーツなど多目的な用途で使用する車となっています。SUVの代表として、レガシーワゴンのようなステーションワゴンやエステマのようなミニバン、ランドクルーザーのような4輪駆動車などがSUVの分類となります。一般的に車業界ではSUVは、ランドクルーザーやパジェロのような4輪駆動のクロカン車となっ...

高度成長期の日本における車事情は、国産の車はほとんどなく、アメリカの外国車がほとんど占めていました。また、この頃は家電製品も少なく、冷蔵庫と掃除機、洗濯機の三つは三種の神器として庶民から御がめられていました。当然、この頃の時代では、車を所有する庶民など鋳るはずもなく、外国人か一部の偉い人が車を所有しているものとなっていました。しかし、その後、我が国においてもトヨタや日産から国産車が登場し、一般庶民...